2012年12月31日

Blogger に表 (テーブル) を載せる方法

この前,「Mac Book Air (MD232J/A) がやってきた!」 の記事を書いている時に表の作り方がわからなくて困ったので,メモを残しておきます.

最初は表を書くためのボタンがどっかにあるのかなーなんて思ってたけど,見当たらない・・・・.

そうなると HTML タブから table タグを書く事になるのですが,とにかくめんどくせぇ.

普通にやる

しかも,ここから装飾などしようとすると CSS やら何やら弄らなきゃいけないので,何のために CMS 使って書いてるのかわからなくなるわけです.

そこで,Google Drive を使って楽に表を作る方法.

Google ドライブを使う

Google ドライブのスプレットシートには,指定した形式でファイルをエクスポートする機能があります. そこで,スプレットシートに表を書いてしまって,それを HTML 形式でエクスポートしようというわけです.

Google ドライブを開くとこんな感じの画面が出ますので,Blogger用のディレクトリでも作っておきましょうか. (別に作らなくてもいいです)
そんで,「作成」ってところから「スプレットシート」を作成します.
そうすると,新規ウィンドウでエクセルみたいな画面が立ち上がるので,自分の好きなテーブルを作ります.

私は前の投稿で使ったこんな感じのテーブルを作りました.
次に,作成したスプレットシートのメニューから 「ファイル -> 形式を指定してダウンロード -> ウェブページ (.html 、現在のシート)」 を選択します.
そうすると,新規ウィンドウで HTML 形式で表が出力されます.

なので,それをこんな感じでコピーし,Blogger の CMS に貼り付けます.

普通にコピペすれば大丈夫です.
( 範囲選択ではなく,全選択が良いです )
こうすると,簡単だけど良い感じに表が載せられます.

ちなみに,HTMLタブの表の部分はものすごい事になってるので,貼り付けた後に html タグで修正するのはわりとめんどくさそうです.

しかし,この状態なら普通に CMS の画面からセルの編集など出来るのでそんなに困る事はないでしょう.

余計なセルが入る場合

こんな感じでいらないセルが入ってしまう場合,大体が余計なセルに大して枠線が入ってしまっているだけなので,列または行を非表示 (見えないように) にする事で解決する事が多いです.
こうすると,HTML形式でダウンロードした時の無駄なセルが消えます.


では,またお会いしましょう. とぅっとぅるー

0 コメント:

コメントを投稿